HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

下垂体患者の会代表理事がつづる、先端巨大症(末端肥大症)とホルモン、難病あれこれ



2014年09月


2014年01月22日

全エクソーム解析の最終段階

「現在、全エクソーム解析の最終段階になっている」
北里大学の高野幸路先生はそう報告しました。

多ホルモン産生の腫瘍

1月10日の下垂体班の報告会です。
下垂体に腫瘍ができて以来、
どういうメカニズムでできるのか。
知りたいと思う患者、少なくないと思う。
できる過程が分かれば、
治療法の開発につながるかもしれない。

2012年05月20日

視野が狭く

下垂体腫瘍を摘出する手術の前、
高速道路を運転していて、
「ひやっ」とした体験があります。

2010年02月23日

腫瘍にも型がある

腫瘍の分類で興味深い報告があった。
先端巨大症のGH産生腺腫細胞である。

2008年05月29日

下垂体腫瘍がなぜ発生するか

小さな下垂体腫瘍が見つかり、
様子見になったから、問い合わせがあり、
共通する疑問と思われるので、この場でも。
仕事のストレスが腫瘍を大きくすることはないか。

2005年09月19日

下垂体腺腫の、画像からみた分類

MRI画像の見方って、
なかなか分からーん。
(ワタシも正直言って、分からない)
それ自体、独立した学問体系だから、
素人に手が出ないのは当たり前として、
最低限知っておいたら、
便利な目安を医学教科書から見つけたので、
紹介したい。

下垂体腫瘍のMRI画像をどのように見ればよいか。
knops(93年)の分類である。
(くれぐれも、医師のコメント抜きに、
自己診断はしないでね)

2005年09月07日

脳腫瘍phobia

手術直後の自画像。
jigazou.gif

2005年08月29日

先発が大事だ

再度の掲載になるが、
再手術の前。
残存腫瘍のMRI画像である。
ope.jpg
グレーの部分が残存腫瘍である。

2005年08月24日

テレビ朝日系で先端巨大症番組

23日夜、
テレビ朝日の「最終警告! たけしの本当は怖い家庭の医学」で、
先端巨大症を取り上げていました。
太ったと思った主婦が、
スポーツクラブに通うが、
高血圧・いびきが起き、指輪が入らない。
同窓会で「顔が変わった」と指摘される。
心筋梗塞で倒れる、というストーリーでした。

確かに知らないで放置すると、
怖ーい病気ですね。
タレントの阿藤海と波田陽区が、
その顔かたちから、
先端巨大症を疑われて焦る
という落ちが付いていました。

2005年08月05日

道程は長く、険しい

蛸が斜めに首を傾げたような、
上方にある部分。
これが問題なのだ。

2005年08月03日

腫瘍の形

さて、現在の腫瘍のことだ。
写真で見る限り、
腫瘍は小さくはなったけれど、
依然として残っており、
薬を飲んでもいまひとつ数値が良くならない。
数値を改善するには、もう一度手術をするしかない。


初回の手術後の腫瘍

ope.jpg

初回の手術前の腫瘍

pre.jpg

2005年07月31日

難病、そもそも

きょうは、「そもそも」のお話。
(2005年9月19日、12月25日改定)

2005年07月14日

アクロメガリー広報センター

アクロメガリーの患者や
幅広い医療関係者にお勧めしたいサイトがある。
アクロメガリー広報センターである。

2005年07月02日

サイト紹介

下垂体腫瘍関連で、切ないサイトを2つ紹介する。

一つ目は、親と子どものつながりを考えさせる。
子どもって当てにならない。
親子とは・・・

もうひとつは、下垂体に悪性腫瘍が発見された16さいの少年の思い。
突然ですがちょっとした捜索願い

2005年06月14日

手術成績と症例数の相関関係

 12日付の「外科医には二つのタイプがある」の続きである。
経蝶形骨洞手術は、内視鏡や顕微鏡を使って、狭い術野で腫瘍を取り去る術式だ。
 繊細な腕と相当な精神力が求められる。

 

2005年06月07日

副作用を考える

自費出版本「鼻をかまないで」を郵送した方から、
副作用についての心配をつづったメールをいただいた。
患者同士だから、不安な気持ちがよく分かる。
生身の人間が日常生活を送っているのだ。
日常生活やら子育てやら仕事やら、
支障が無いか、気持ちが悪くならないか、
飲む前に不安は膨らむ。
やってみないと分からないというのは、
第三者だからいえるのであって、
退路を断たれたような気がして、ぼやきのひとつもいいたくなる。
ワタシも、「飲むと眠くなるんだよな」と周りによくぼやいている。

でもいう。
薬が合わなければ、
別の薬もあるから、
開き直って、
投与してみたらどうだろう。

2005年03月11日

テーラーメイド医療の影

どうして、この病気になったのか。
なりやすい体質があるのか。
今の段階では分からない。
だが、将来は分かるかもしれない。

2005年03月10日

テーラーメイド医療の華

背広を仕立てる時、細かく採寸して、
体にぴったり合った服を作る。
医療も同じように、
個々に病状に関するデータを抑えてから、
「最適な医療」を行う考え方が出てきた。
テーラーメイド医療である。

2005年03月02日

脳癌(がん)と呼ばないわけは

下垂体に腫瘍が見つかって、
癌(がん)ではないのか、と気に病んだ。
手術後、摘出された腫瘍を分析し、
良性でした、おめでとう、となった。

2005年03月01日

下垂体卒中とは

下垂体腫瘍の重い合併症に、下垂体卒中がある。
視力が失われたり、下垂体機能低下を残したり、
場合によっては死に至る。
防止策はないのか。

2005年02月28日

先端巨大症の治療は、初回の手術が大事だ

先端巨大症の治療は、手術療法、薬物療法、放射線療法の
三つを組み合わせておこなう。
組み合わせは、医者によって、戦略が変わる。
答えは一つではないかもしれない。
不安なら、セカンドオピニオンに意見を聞くのが、よいかもしれない。

2005年02月13日

気持ちよく入院 おしぼりウエッティー

入院時、これは便利! 和光堂のおしぼりウエッティー。

2005年01月27日

110%の生存率

自分の病気の疫学的な情報は目を通しているワタシであるが、
これは笑った。脳腫瘍全国集計調査報告(2000)の術後生存率である。
下垂体腺腫の場合、手術五年後に生存する可能性は
110.9%なんだと。
100%よりも大きいのですぞ。

HAMUの自費出版闘病記
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.