HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 専門家が解除後総括(一) | メイン | 専門家が解除後総括(三) »

2020年05月30日

専門家が解除後総括(二)

日本は死亡・重症者数が低かった。
それはなぜか。
欧米諸国と比較して、
・国民皆保険による医療へのアクセス、
 地方でも医療レベルが高いこと、
・全国に整備された保健所を中心とした
 地域の公衆衛生水準が高いこと、
・市民の衛生意識の高さ、元々の生活習慣、
 政府からの行動変容の要請に対する協力の度合い、
を挙げました。
これらはよく知られていることですが、
加えて次の2点があることを説明しました。
(1)中国由来・欧州等由来の感染拡大の早期検出
日本は、中国からの流行について適確に捕捉。
急激な感染拡大を防止した。
一方で、欧米では、同時期、
国内感染事例はほとんど見つかっておらず、
水面下での感染拡大につながったおそれがあった、
とされました。
(つづく)









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5894

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.