HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 2週間隔離は無用か | メイン | ワクチン越年か »

2020年05月21日

見えない感染は続く

衆参予算委員会は20日、
新型コロナウイルス対応をめぐる参考人質疑を実施しました。
有識者会議基本的対処方針等諮問委員会会長の尾身茂さんは、
新規感染者の減少について、
「市民の努力のたまもの」
「今の感染状況は東京都を例にとると、
3月上旬から中旬の、感染者が急増した直前のレベルに
戻っている」とのべました。
「仮に全都道府県が解除されても、
報告者数のゼロが短期間、続いたとしても、
見えない感染が続いていると考えるべきだ。
冬の到来を待たず、再び感染の拡大が起こることは
十分予測される」とのべました。
経済活動を再開した諸外国では、
比較的早期に感染拡大が再開した例が報告されており、
「徐々に感染が拡大するというよりは、
クラスター感染が突然、顕在化することがありうる」とのべました。
ここ3カ月で、クラスターが発生しやすい
場所・状況が分かってきたとのべ、
身体的距離、マスク・手洗いの必要性、基本的な感染予防策を説き、
高齢者施設や病院がクラスターとなる例が多く、
引き続き、感染対策を重視しながら、
経済対策を再開するメリハリの付いた対策を強調しました。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5878

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.