HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 第2波に備えよ | メイン | 2週間隔離は無用か »

2020年05月20日

診療の手引き第二版

新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き
第2版が18日、公開されました。
こちら
文字通り、医者が使うマニュアルですから、
患者の自己診断に使うべきではないのですが、
「伝播様式」「感染経路」は
ワタシのような素人でも有意義情報だと考えます。
「飛沫感染が主体と考えられ、
換気の悪い環境では、
咳やくしゃみなどがなくても感染すると考えられる。
また、接触感染もあると考えられる。
有症者が感染伝播の主体であるが、
無症状病原体保有者からの感染リスクもある」

新しい診療の手引きでは、
合併症について書かれていまして、
「若年患者であっても脳梗塞を起こした事例が報告されており、
血栓症を合併する可能性が指摘されている。
また、軽症患者として経過観察中に突然死を起こすことがあり、
これも血栓症との関連が示唆される」と書かれました。
小児では、川崎病様の症状を呈する事例もあることが
欧米から報告されています。
うーむ。川崎病はともかく、
脳梗塞で倒れるのは、ありうるな。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5876

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.