HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 39県で宣言解除 | メイン | 実効再生産数は参考値 »

2020年05月15日

解除目安は「拡大前水準」

政府専門家会議は14日、
緊急事態宣言解除の目安について
「東京で言えば、感染拡大が生じる前の
3月上・中旬ごろの水準」とする考えを示しました。
感染状況で全国を3区分することも提言し、
宣言解除の39県は3区分で
感染リスクが最も低い「感染観察」地域に入りました。
宣言解除時の感染状況について
「直近1週間の10万人当たりの感染者数が
0.5人程度以下」としました。
東京都では週70人以下になります。
地域でクラスター感染を追跡することで
二次感染の拡大を防げる水準とし、
直近1週間の新規感染者数が、その前の1週間を下回ることや
医療提供体制がひっ迫ぱくしていないこと、
再拡大に備えた監視体制も条件に求めました。

脇田隆字座長は都の解除基準について、
「一週間で70人以下という数字に必ずしも
厳密に撮らられることはない。
さまざまな指標を見ながら、総合的に判断していく」と
コメントしました。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5868

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.