HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 有機的な連携 | メイン | 難病法、各論の迷路 »

2018年02月04日

積雪に参った

東京・多摩は今年二回目の積雪で
杖をついてあるくの、
危ないのです。
道路の上に氷があると、
杖の先のゴムは、
ツルリンといってしまう。
こけたら最後。
いまの膝は衝撃に
持ちこたえられないかもしれません。
一回目の積雪は職場に泊まりました。
みるみる足場が悪くなって、
たとえ電車が走っていても、
駅から家までどうやって帰るか。
途方に暮れると思案した。
同僚の様子を聞くと、正解だったようで、
安全が一番なのです。
二回目の積雪では、
出勤そのものを断念しました。
自宅の前の共同の階段。
思えば、自分が自主的に雪かきをしていた。
いまはそれができないので、
道が開かない限り、
外に出られないのです。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5588

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.