HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« フォーラムで当事者発言 | メイン | 患者数で切り捨てないで »

2012年11月23日

給付水準、子どもは半分

2012年11月21日付「小慢予算安定を」の記事で、
大人の特定疾患と子どもの小慢と
給付水準について、
負担は大人の難病と「あまり変わらない」と書いてしまって、
大事な指摘が抜けていました。
別の文意から書いたことでしたが、
誤解を与えそうなので、
注意喚起の意味で修正をします。
(すでに当該部分は削除)
医療給付に伴う自己負担分の額は、
同じ所得階層であれば小児慢性の方は
難病のおよそ半分に設定されているのです。
自己負担額は小慢の方が有利です。
こちらの26,27ページ
ですから、もし、
給付水準を他の公費負担制度と均衡させる、
大人の難病対策に合わせるとなれば、
子供対策から見れば、負担増になるわけです。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3703

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.