HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« いきなりの解散 | メイン | 研究費、細切れにならないか »

2012年11月15日

変わらずやる

11月15日、第26回難病対策委です。
冒頭に健康局長があいさつし、
解散に触れて、
「我々は(難病対策の具体化を)変わらずにやっていく」とのべました。
委員会の締めくくりに、金澤委員長も
「どんな投票結果になってもやるんだ」と決意をのべました。
先のブログで「最終提言まで行きつくかどうか。
そこは分からない」と書きましたが、
最後まで委員会は開かれるようです。
報告案まとめの第28回は12月18日で。
ただ、ここから先は想像でモノをいいます。
難病対策は総合支援法が来年4月施行としているわけですが、
新政権の布陣によっては、
スケジュールに狂いが来ることは想像できます。
それだけに、患者の声、
24日のフォーラム成功が大事になってきます。
こちら









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3678

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.