HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 荒野の55人と水戸黄門 | メイン | 学校でも点鼻薬・座薬を »

2012年11月03日

息苦しい標語

周りの人間関係で、
生活を見直し、自己管理に努め、健康を保とう、
といった標語的なもの、
掲げようとしたヒトがいまして、
ついぞ切れてしまった。
ふだん、そんなことで怒らないようにしているんだけど、
いかん、いかん。
インフル予防。手を洗おうとか。
寒くなったから、風邪に気をつけようとか。
具体的な標語ならまだ分かるんですがね。
ひごろの生活が悪いから、
自己管理ができないから、病気になるんだ。
非健康な人を突き放す価値観がバーンと押し付けられると、
息苦しくてたまらんです。

昔、親族から、普段の苦労が脳腫瘍になったんだ、と
大真面目で言われたこと、ありまして、
日ごろの信心や行動は、病気や腫瘍に何の関係もないし、
偶然の産物だよ、と、といっても、
心底そう思っているらしく、
閉口したことがあります。

歩道を歩いていて、車が突っ込んできたとして、
お前が車を引き寄せた、なんて理屈を言えば、
誰だって怒ると思う。
でも、病気に関しては、
自己管理に努めていれば、病気にならんと信じている人、
結構いるんですね。

先祖を大切にしないから、病気になる。
罰があたった。
この健康食品を食べなさい。
ツボ買いなさい。
病気より、んなこと言う人の方が怖い。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3637

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.