HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 来月14日名古屋で講演会 | メイン | 中枢性尿崩症の薬 »

2008年11月18日

定額給付金の迷走

所得制限の判断を市町村に委ね、
迷走する定額給付金をみて、
2兆円があったら、ほかにどんなことができるか、
ついつい考えてしまう。
生活支援なのか。
景気対策なのか。
それとも選挙対策か。
目的がごちゃごちゃのまま、
増税前提の一律一万二千円だ。
自分が払った税金が戻ってくるだけじゃないか。
一方では、福祉・医療を
毎年2200億円削減するのはやめようとしない。
ワタシは、医療や福祉充実を期待して税金を納めている。
そんなお金があるのならば、
なぜ医療・福祉削減路線の転換へ、
本来国が行うべき事業の財源に充てないのだろうか。
病気になって働けなくなったら、
実際、まともに、暮らしていけない。
安心できない世の中だから、
財布のひもも固くなる。
福祉・医療には、家計を温める効果があるから、
生活支援にもなるし、
景気対策になる。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1263

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.