HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« RAA系の話 | メイン | マメな働きをするホルモンの交差点 »

2008年11月14日

書くだけカロリー

深夜勤やストレスで眠れないと思っていた。
だが、飲酒習慣から浅い眠りになっていたようである。
昨夜は楽しい夢から入り、気がつくと朝寝坊していた。
177と空腹時血糖値の新記録だ。
錆びた歯車に油を差したようで、
重い体をどこかに置き忘れたように、
数か月ぶりに軽い。
血糖値が高くても自覚はないけれど、
高い血糖値が下がったときの体感は違う。

カロリー計算を毎食行うのは、過去に挫折した。
そこで、余分な食の記録を始めている。
自己流だけど、これならできる。
毎食のカロリーは700と決めているので、
それは崩さない。
加えて、
自分で余計だと思ったことは手帳に書きとめるのだ。
多めに食した場合や間食だけ、書いておく。
ただ、書いておくだけ。
無理に反省しない。
反省しようと思うから、いやになって続かない。
余分だと自覚のある分だけ書きとめておく、
「書くだけ」というのがミソである。

後日、気が向いたら、熱量を自分で調べるのである。
間食したおやつには、包装紙に熱量が書かれていることが多い。
あとは、本で調べる。
牛肉の部位によってカロリーが違うこと、
洋風のおやつより、おかきなどの方がカロリーが低いこと
などなど、自分なりに「へーっ」と思うことが出てくる。
面白がることが大切かしら。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1257

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.