HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« やればできる | メイン | 中途半端な情報ですんません »

2008年11月11日

カッコ良い万歩計

体重が増えた。
インスリン注射を始めて約一か月たつが、
体重が二キロ増えた。
予想通りではあるけれど、
まずい事態であるので、
最近型の万歩計を購入した。
初日は8500歩だった。
一駅遠回りに歩く作戦で、まあまあの数字だ。
インスリンを注射することで、
血糖値を下げること自体はできると思う。
コントロールに自信がないから、
やったことはないけれど、
理屈でいえば、
ケーキを食べたければ、
それだけインスリンを多めに打てばいいし、
逆に、かけうどん一杯のときは、
減らして打てばいいんじゃないか。
でもやっぱそれは、注射に頼る病的な暮らしである。

インスリン注射によって、
膵(すい)臓は疲れないかもしれない。
でもその先、脂肪肝に進んだり、
脂肪組織へと糖は蓄積される。
筋肉での消費へと向かわせるのである。

せっかく日中起きていられるようになったのだから、
運動不足を解消せねば。

万歩計はいくつか持っているのだけど、
デザインがちょっと。
ベルトに刺していたのを、
知人に「おっさんくさい」と笑われて以来、
使うのがイヤになったのね。

今は緊急事態だから、そんなことを言っていられない。
今の万歩計って、お洒落で、楽しい。
約4千円だして、つい、衝動買いした。
シチズンの最新式だ。
小さくて薄いステック式である。
表示を時計に変えられるし、
記録性も高い。
見た目は万歩計ではない。
ポケットでもカバンでも、
好きな所に入れて持ち運べばいい。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1253

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.