HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 下垂体腫瘍は良性と考えよ | メイン | 血圧が高くなる原因 »

2008年11月05日

一日平均18時間の勤務医

大学病院の産婦人科医が勤務時間外を含め、
病院にいる時間が平均で週85時間を上回るという。
日本産科婦人科学会が初の実態調査を10月31日明らかにした。
最長は週126時間の30代前半の医師だ。
一週間は24時間掛ける7日しかないから、
一日平均18時間を院内で過ごし、
残り6時間を院外で過ごすということになる。
勤務時間に加えて、時間外診療や宿直、研究・論文。

脳出血を起こした妊婦が、
都立墨東病院など8病院に受け入れを拒否され死亡した問題では、
墨東病院が今年7月から、
週末の当直医が1人きり。
しかも、研修医という状態だった。
大丈夫と言われた都心がこれだ。

病んでいるのは、この国の姿であり、
どうして、それでも、
社会保障費2200億円の削減が今後も強行されるのか。
補正でも、本予算でも、
最も必要な部門が優先されないのか。
そこがわからない。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1244

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.