HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 現在進行形の学問 | メイン | 一喜一憂しない »

2008年11月02日

メタボと塩とアルドステロン

肥満したヒトが食塩を取りすぎると、
心血管病やタンパク尿をり患しやすくなる。
従来からいわれてきたことであるが、
メカニズムはよく分かっていない。
内蔵脂肪型の高度肥満と高血圧は
メタボリックシンドロームの主症候だ。
メタボ患者には、アルドステロン濃度が高い。

アルドステロンと食塩が、
ミネラルコルチコイド受容体(MR)を介して、
脂肪細胞の肥大・増殖、
インスリン抵抗性、メタボリックシンドロームを引き起こし、
高血圧や腎機能障害へと関与しているといわれる。
研究途上である。

もちろん、自分に言い聞かせているのであるが、
血圧管理や肥満対策をしないといけないし、
食塩の過剰摂取は命取りだ。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1239

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.