HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« いよいよ二十八日に公開講座 | メイン | こんな治療はイヤだ »

2007年01月27日

栃木県のクッシング病患者の声

栃木県に在住のクッシング病の患者と電話でお話をした。
筋力が落ちており、家事をするのが手一杯。
近所の買い物をするだけでも大変ということで、
遠出もできないという。

二回の手術と一回の放射線治療。それでも、多すぎる副腎刺激ホルモンが改善されない。
毎日が苦しいと訴える。

手術の費用や毎日の内服薬の治療費に、
県の特定疾患のおかげで、助かっている。
無くさないでほしい。

やはり、悲痛な訴えである。









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/403

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.