HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 悲しい誤解 | メイン | 身体の曲がり角 »

2007年01月10日

地方患者の難渋

東京では病院を選べるけど、地方では病院を選べない。
珍しい病気なら、尚のことだ。
ある会員の内分泌医選びが年末に難航した。
別の地方都市へと何時間もかけて遠征をしなければならないという。

地方都市に行けば、自治体病院など建物はあるのだけど、
肝心の医師はいない。

東京などの大都市で、下垂体のエキスパートドクターにオペをしていただいたとして、
問題はさらにその先である。
日本には、機会の平等はあるのだろうか。
潰瘍性大腸炎とは
概要 : 潰瘍性大腸炎とは、原因不明の病気で、国で難病に指定されている病気です。 症状としては腸の粘膜に...
ウェブログ : 潰瘍性大腸炎に負けるな ( 2007年01月12日 00:21 )









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/384

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.