HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



« 治療が長引けば、ホルモン病を疑う | メイン | ホルモン補充 »

2007年01月07日

女性の幸せはホルモンしだいかも

女性に多いホルモン病がある。
女性患者の疑問に答える企画を用意した。
1・28 日医大での公開講座 で講演いただく山王直子先生は、
自著「アンチ・エイジングのための女性ホルモンクリニック
これからの肌・からだ・心のケア」で、
ホルモンバランスの大切さを強調されている。
何だか調子が悪いという方。
健康を保つ秘訣は「ホルモン」にあるかもしれない。
ホルモン補充療法の現状について、
女性患者の気持ちに寄り添いながら、
講演いただけるであろう。
ホルモンの全体像をとらえないと、理解しづらいだろうから、
脳神経外科の権威である寺本明先生には全体像を分かりやすく講演いただけるであろう。
複眼的な講演が理解を深める機会になればよいと願っている。
アンチエイジングとは、アンチ(抵抗する)、エイジング(加齢)。
そういえば、ワタシの先端巨大症は、成長しすぎる病気、つまり、加齢が一気に進む病気だもんなあ。
ホルモン病のみなさん。
多すぎるホルモンを抑えて、
少ないホルモンを補充することで、
健康を取り戻すことを考えたいものだ。
女性ホルモンはモテの達人には必要不可欠!
概要 : 女性の思春期・妊娠・出産・更年期といった、女性特有の変化にとても影響を受けているのが「女性ホルモン」なんです。 女らしさ、若々しさをいつまでも保つためには、女...
ウェブログ : ( 2007年01月28日 18:23 )









名前・アドレスを登録しますか?






http://toubyouki.sub.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/381

HAMUの自費出版闘病記
HAMUの姉妹サイト
過去の記事
テーマ別
最近の記事
最近のコメント
トラックバック
記事の配信
システム
ブログランクなど

Copyright HAM. All rights served.