HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



  • 2018年06月/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

  • 2018年06月22日

    難病対策委「引き続き議論」 コラム

    第57回難病対策委員会が6月20日開かれました。
    議事録はまだですが、
    「経過措置終了後の特定医療費の
    支給認定の状況について」の暫定値が発表されました。
    昨年12月31日時点での経過措置適用者は約72.7万人。
    引き続き認定されたのが約57.7万人(約79%)、
    不認定とされたのが約8.4万人(約12%)、
    残りの約6.4万人(約9%)からは申請がなかった。

    2018年06月21日

    大臣会見「2割が対象外」 コラム

    加藤厚生労働大臣は6月19日の会見で、
    難病患者への医療費助成制度についてコメントしました。
    経過措置対象者は約72.7万人に対して
    約8割の約57.7万人の患者の方は
    引き続き認定はなされたけれども、
    残りの2割の患者は、不認定と申請なし。

    助成の対象外となった患者は、
    その後の生活実態を把握するための調査を実施しており、
    その結果についても、取りまとまり次第、
    難病対策委員会に報告するとしています。

    2018年06月20日

    医療費助成外し15万人 コラム

    軽症患者の医療費助成が認められなくなった問題で、
    毎日新聞はその規模が15万人であると報じました。
    こちら
    毎日の調査では今年1月以降、
    少なくとも39府県で約5万6000人の助成継続が
    認められていなかったという。

    2018年06月19日

    受給者証うしなった難病患者の数は コラム

    6月20日、難病対策委員会が開かれます。
    昨年12月末で
    経過措置が終了したところですけれども、
    受給者証を失った患者が少なからずいるのです。
    その支給認定の状況がどうなっているか。
    暫定値が報告される予定です。

    下垂体患者の会
    日本難病・疾病団体協議会
    過去の記事
    テーマ別
    最近の記事
    最近のコメント
    トラックバック
    記事の配信
    システム
    ブログランクなど

    Copyright HAM. All rights served.