HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



  • 2017年02月/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28

  • 2017年02月02日

    シグニフォー検査入院(五) 闘病日記

    薬物の動態です。
    打ってすぐ血中濃度が上がるのではなく、
    最大値は20日後です。
    最大値にならないと
    現実に副作用がどの程度あるか、ないのか、
    わからないのでしょうけれど、
    長く入院し続けるのは、自分もつらい。
    自分の職場もインフルエンザが流行したらしく、
    体制に無理が来て、上司の嘆き節も聞こえてきました。

    シグニフォー検査入院(四) 闘病日記

    この薬、製品化される前から、
    縁のある存在でありまして、
    最初にその存在を聞いたのは10年ほど前でした。

    シグニフォー検査入院(三) 闘病日記

    サンドスタチンには速効型の皮下注用「サンドスタチン」と
    月に一度注射する「サンドスタチンLAR」がありまして、
    最初は前者を使って適応を確認してから、
    LARへ移るわけです。
    ところが、シグニフォーはLARタイプしか
    発売されていません。
    そのため、入院して観察する期間は
    長くなる構図があるようです。
    病院によって期間は違うかもしれません。

    シグニフォー検査入院(二) 闘病日記

    初めての薬とお付き合いするのですから、
    添付文書から読んでみました。

    2017年01月22日

    シグニフォー検査入院(一) 闘病日記

    先端巨大症の新薬テストで9泊10日、
    虎の門に検査入院し昨夜、帰宅しました。
    試したのは、シグニフォーLARで、
    血糖コントロールのめどが立ちましたので、
    外来でのフォローに移ります。

    2017年01月14日

    722の小慢、報告される コラム

    社保審児童部会が1月13日開かれました。
    来年度から実施される
    小児慢性特定疾病の検討結果について、
    正式に報告されました。
    こちら
    既存の704 疾病と合わせて
    計722疾病について小児慢性特定疾病とされました。

    2017年01月08日

    難病等、周知徹底へ コラム

    厚労省は社保審障害者部会を1月6日、開きました。
    障害者部会は、障害福祉計画及び
    障害児福祉計画に係る基本指針の見直しをしています。

    下垂体患者の会
    日本難病・疾病団体協議会
    管理人へ連絡
      はむろ宛と書いて下垂会へ
    過去の記事
    テーマ別
    最近の記事
    最近のコメント
    トラックバック
    記事の配信
    システム
    ブログランクなど

    Copyright HAM. All rights served.