HAMUの、先端巨大症って何とかならんか!

難病コラム一筋5000本の下垂体患者・活動家、先端巨大症とホルモン。



  • 2020年04月/
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

  • 2020年04月04日

    都内感染、新たに118人 コラム

    都内の新型コロナ感染者は4日、
    新たに118人を確認したそうな。
    1日に3桁を超すのは初めて。
    7割近くの81人は今のところ
    感染経路が分かっていないということです。
    都内で感染が確認されたのは合わせて891人。
    都は感染の拡大が続いているとして、
    土日は不要不急の外出を控えるよう、強く呼びかけています。
    近所のスーパーでは、
    特に品切れはないけれど、
    食料品を買い込む人は多いようで、
    ボリューム感が若干棚から消えたように思います。

    持病持ちはつらいよ コラム

    新型コロナウイルスに感染することを怯えながら、
    都心の職場に通勤していましたが、
    基礎疾患をもつことから、二日前から、
    一足早く、自宅待機に変わりました。
    自宅に閉じこもっている限り、
    感染することはありません。

    2020年04月02日

    首都の医療体制ひっ迫 コラム

    4月1日付のコロナ感染症対策の状況分析・提言が発表されました。
    こちら

    2020年03月30日

    山中先生がコロナ情報発信 コラム

    京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授・所長が、
    新型コロナウイルスの情報発信をしています。
    山中先生は、マラソンに例え
    「一人一人が、それぞれの家庭や仕事の状況に応じた
    最速ペースで走り続ける必要があります。
    国民の賢い判断と行動が求められています。
    この情報発信が、皆様の判断基準として
    少しでも役立つことを願っています」とのべています。
    こちら

    2020年03月28日

    首相、長期戦を宣言 クスリ

    安倍首相は3月28日、
    首相官邸で記者会見し、
    コロナについて「いつ急拡大してもおかしくない。
    長期戦を覚悟する必要がある」と
    最大限の警戒を呼び掛けましたた。
    2020年度予算の成立を受け、
    補正予算案を10日程度で取りまとめるよう指示しました。
    首相は「ぎりぎり持ちこたえている。
    瀬戸際の状況が続いている」と指摘。
    「医療崩壊は決して対岸の火事ではない。
    恐ろしい敵と不屈の覚悟で戦い抜かなければならない」と述べました。

    正しく怖がることの難しさ コラム

    週末の外出自粛もあってか、
    東京の郊外に住んでいる自宅の周りは
    外で遊ぶ子どもの声一つしなくて、
    桜がきれいな街並みに申し訳ないくらいです。
    この「予行演習」が、首都封鎖の判断材料になるのか、
    分かりませんけれども、
    正しく怖がることって、とても難しい。
    新型コロナウイルスについては、
    いろいろな講演がありますけれども、
    日本記者クラブ、3月10日、岡部信彦・川崎市健康安全研究所所長のそれが
    第一線の科学者ということもあって、
    重みがあり、読み返しました。
    岡部氏は専門家会議のメンバーです。
    こちら

    土日は自宅に コラム

    新型コロナの感染状況を踏まえて3月26日、
    政府対策本部が設置されました。
    特措法に基づく基本的対処方針が今後策定されます。
    国内では新規の感染者数が都市部を中心に増加し、
    感染源が不明な感染者数も増えています。
    世界的にも感染者数と死亡者数の急激な増加が見られ、
    海外からの移入が疑われる事例が多数報告されている。
    首都圏では東京を中心に、
    土日に不要不急の外出は控えることになりました。
    ヒトヒト感染なのですから、
    ヒトが出あるくのを控えたら、
    ウイルスが広がることはありません。
    それはそうなのだけど、
    「コロナ疲れ」といわれるなか、
    感染急増に歯止めがかかるかどうか。

    2020年03月25日

    伊、まるで戦場 コラム

    世界の新型コロナウイルス感染者が25日、
    40万人を超えました。
    世界中のほとんど全ての国で、
    合わせて30万人以上の感染者が確認された。
    パンデミックが加速している。
    WHOテドロス事務局長が危機感を示したのは24日、
    感染者が初めて確認されてから10万人に増えるまで67日間、
    20万人に増えるまで11日間かかったが、
    その後、わずか4日で30万人に増えた。
    かと思うと、25日、
    米ジョンズ・ホプキンス大学システム
    科学工学センター(CSSE)によれば、
    感染者は40万人を超えたのだという。

    2020年03月24日

    介護施設へ布マスク配布 コラム

    介護施設のマスク不足に対応するため、
    何度でも再利用可能な布製マスクを国が一括購入し、
    介護施設等に対し、1人1枚は行き渡るよう、
    順次、配布するようです。
    まず愛知県に15万枚。
    すでに一部札幌と名古屋に数千枚。
    23日の週と30日の週に計2150万枚、
    3月下旬から4月上旬にかけて
    直接、施設へ配送するそうな。
    (厚生労働相の3月19日会見)

    基礎疾患のある方の留意点は コラム

    新型コロナウイルスに関するQ&Aが24日、更新されました。
    糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の
    基礎疾患がある方、透析を受けている方、
    免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方では、
    新型コロナウイルス感染症が
    重症化しやすいとされており、
    医療機関・検査機関の方向け、ではありますが、
    関連学会のリンクが張ってあります。
    こちら

    2020年03月23日

    都内、530人患者増の試算 コラム

    東京都の小池知事は来月8日までに
    都内で530人程度、
    新型コロナの患者が増える可能性があるとの
    厚労省の試算結果を公表しました。

    2020年03月22日

    蘇るジョン・スノウ コラム

    人間の動きを観察して、
    必要な手立てをとれば、
    大流行を防ぐことができるし、
    人の命を救うことができる。
    新型コロナもしかり。

    計算通りいってくれ コラム

    公衆衛生学的対策っていうんでしょうか。
    大幅な感染の拡大が生じないよう、
    患者数の伸びを推計する考えが、
    19日の新型コロナ専門家会議の分析提言で示されました。
    爆発的に患者数が増えても、
    効果的なワクチンはまだ開発されておらず、
    人も病床も資材も
    まるで足りないのが現状なのですから、
    低い伸びに抑えるしかないわけですが、
    うーむ、すごい。
    すごいけど、計算通り行ってほしい。

    2020年03月21日

    北海道グッドジョブ、保健所ありがとう コラム

    厚労省が3月19日に発表した、
    新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による
    状況分析・提言を読んでいきます。
    日本での新型コロナの被害を
    最小限に抑えるために、自分たちは何ができるのか。

    2020年03月20日

    密を避けて家の外へ コラム

    厚労省は3月19日、
    新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による
    状況分析・提言をまとめ、発表しました。
    こちら
    ハイリスクの高齢者、持病のある自分としては
    一番困るのは、適切な医療が受けられなくなる事態、
    気付かないうちに感染が市中に拡がって、
    オーバーシュート(爆発的患者急増)に陥ることです。

    2020年03月19日

    糖尿病患者、感染者の1割死亡 コラム

    COVID-19に関するWHO・中国合同調査団による
    報告書(2月28日にWHO提出)によれば、
    患者55924名(2月20日現在)の平均年齢は51歳です。
    主な感染経路は飛沫感染と濃厚接触感染。
    空気感染は報告例がなく、
    糞口経路、エアロゾルによる感染は主要経路ではありません。
    中国では、人から人への感染の
    大半(クラスターの約8割)は家庭内で発生しています。

    下垂体患者の会
    日本難病・疾病団体協議会
    過去の記事
    テーマ別
    最近の記事
    最近のコメント
    トラックバック
    記事の配信
    システム
    ブログランクなど

    Copyright HAM. All rights served.